シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[CentOS]IPアドレスの設定

毎月1週間ほど東京で仕事をしているのですが、ネットワークのIPアドレスが自社の設定と異なるので、VMWareで作ったCentOSのIPアドレスを毎回手動で設定しなおしています。今回はその手順をメモします。

ネットワークデバイスの設定

/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0

DEVICE="eth0"
BOOTPROTO="static"
NM_CONTROLLED="yes"
ONBOOT="yes"
TYPE="Ethernet"
UUID="a78a8a62-8ca6-496c-8113-d57831bb0247"
HWADDR=00:0C:29:F2:F0:CA
DEFROUTE=yes
PEERDNS=yes
PEERROUTES=yes
IPV4_FAILURE_FATAL=yes
IPV6INIT=no
NAME="System eth0"
LAST_CONNECT=1351349724
#IPADDR=192.168.1.48
IPADDR=192.168.128.48
NETMASK=255.255.255.0
#GATEWAY=192.168.1.1
GATEWAY=192.168.128.1

IPADDRとGATEWAYを変更します。#で始まる行はコメントアウトで、前の環境の設定。

DNSの変更

DNSを変更する必要がある場合は以下のファイルを変更する。
/etc/resolv.conf

; generated by /sbin/dhclient-script
;nameserver 192.168.1.1
nameserver 192.168.128.1

ネットワークをrestartする

$ sudo service network restart

参考にさせていただいたサイト
[Linux]CentOSで手動で固定IPアドレスの設定を行う | QUALL – blog

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする