シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[CakePHP]Article-Pluginを作ってみる3(ビヘイビアで記事の保存処理を作成)

medium_6874560581

Articleプラグインでは、既存のモデルに対して擬似フィールドを追加して記事を登録します。

今回は記事を登録するためのビヘイビアを作成します。

Articleビヘイビアを作成する

今回作成したファイルはこちら
CakePHP-Article-Plugin/Model/Behavior/ArticleBehavior.php

順を追って解説します。

セットアップ

	public function setup(Model $model, $settings = array()) {

		if (isset($this->settings[$model->alias])) return;
		$this->settings[$model->alias] = array();

		// Set fields
		if (empty($settings['fields'])) {
			return;
		}
		foreach ($settings['fields'] as $field => $options) {
			if (!isset($this->settings[$model->alias][$field])) {
				if (empty($options)) {
					$options = array();
				}
				$this->settings[$model->alias][$field] = $options;
			}
		}

		// Set runtime
		App::uses('Model', $this->attacheModel);
		$this->runtime[$model->alias] =& ClassRegistry::init($this->attacheModel);

	}

ここではアタッチ元のモデルから渡された$settingsから記事データのフィールド名を取得して、$this->settingに追加しています。

アタッチ元モデルのActsAsでは次のようなパラメータを想定しています。

	public $actsAs = array(
		'Article.Article' => array(
			'fields' => array(
				'post' => array(
					// 将来的にオプションなどを設定
				),
			),
		),
	);

$this->setting[$model->alias]にオプションを保存しておくことで、フィールドごとに異なるオプションをセット出来るようにしています。

Set runtimesの箇所では、フィールドごとに記事を格納するモデルオブジェクトを渡しています。

すべて共通のモデルで処理していい場合は$this->runtime[$model->alias]ではなくて$this->runtimeでいいのだと思いますが、フィールドごとに別のテーブルに格納したいケースを想定してこのようにしました。*[1]

記事の参照や、追加、編集、削除は$this->runtime[$model->alias]で行います。

記事の保存処理

	public function afterSave(Model $model, $created) {
		
		// setupで設定したフィールドごとに処理
		foreach ($this->settings[$model->alias] as $field => $options) {
			
			// 擬似フィールドがemptyならループを進める
			if (empty($model->data[$model->alias][$field])) {
				continue;
			}
			
			// Whether or not to publish articles
			// 記事の表示を制御できるように$publishedというパラメータをもたせる
			// フォームはヘルパーで提供する予定
			$published = false;
			if (!empty($model->data[$model->alias][$field.'_published'])) {
				$published = true;
			}
			
			// Create the data to be saved article
			// 保存する記事のデータを作成
			$article[$this->attacheModel] = array(
				'model' => $model->alias,	// アタッチ元のモデル
				'model_id' => $model->id,	// アタッチ元モデルのid
				'model_field' => $field,	// 擬似フィールド名
				'content' => $model->data[$model->alias][$field],	// 記事本文
				'published' => $published,	// 公開フラグ(まだ使わない)
				'posted' => date('Y-m-d H:i:s'),	// 投稿日時(もしかしたら削るかも)
			);

			// 保存処理
			$this->runtime[$model->alias]->create();
			if (!$this->runtime[$model->alias]->save($article)) {
				return false;
			}
		}

	}

まだこの時点では新規追加にしか対応していません。

あとはここに、更新や削除の機能を追加したり、オプションを追加したりする予定です。

動作をテスト

動作をテストしてみます。

GitHubからソースをプラグインフォルダにクローン(DLして設置でも大丈夫です)してください。

cd /Cakeアプリのパス/Plugin
git clone -b master git://github.com/happyquality/CakePHP-Article-Plugin.git Article

ディレクトリ名はArticleにします。

/app/Config/bootstrap.phpでプラグインをロードします。

	CakePlugin::loadAll(array(
		// Articleプラグインを追加
		'Article',
	));

適当なモデルにActsAsしましょう。
テストするために登録フォームのあるモデルがいいと思います。なければBakeしましょう。

	public $actsAs = array(
		'Article.Article' => array(
			'fields' => array(
				// 配列のキーが記事を格納する擬似フィールド名になります
				'post' => array(),
			),
		),
	);

登録フォームに擬似フィールドのinputを追加します。
ここは後々ヘルパーで提供する予定です。

add.ctpなど

省略
<?PHP echo $this->Form->input('post', array('type' => 'textarea')); ?>
省略

アタッチ元モデルの保存処理を行うタイミングで、Articleに記事が追加されるはずです。

あとがき

まだ色々追加しなければならない処理はありますが、擬似フィールドに入力した記事をArticleに追加することができました。意外と簡単でしたね。

長くなってしまったので、編集や削除の処理は次回にします。

  1. あんまり無さそうだけど、参考にさせていただいたFileBinderビヘイビアに習ってそうしてみました []

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする