シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[WordPress]WordbookerとWP-OGPの同時利用で忘れずに設定したいこと

cs_20111203_23

先日、WordPressの記事をFacebookに連動させるWordbookerを導入しました。
WordbookerにもOGPの出力を行う機能があるのですが、og:imageを記事中の画像から拾ってくれないことがたびたびあり、困っていました。

プラグインの出力部分を修正することは可能ですが、WordbookerのOGPタグの出力は他にも修正したほうがいい点があったのでこれを直すのは面倒だなと(笑)そこで、OGPの出力専用のプラグイン「WP-OGP」を導入することにしました。

WP-OGPの導入については、IDEA*IDEAさんにタイムリーな記事がありますのでこちらを参照してみてください。

この記事で紹介するのは、WordbookerとWP-OGPを共存させる方法です。

どちらもOGPの出力機能をもっているので、そのまま利用すると同じOGPタグが2重で出力されてしまいます。
そこでWordbookerのOGP出力を無効にする方法を紹介します。設定画面にあるのですがAdvanced Optionsに属しているためわかりにくいんですよね^^;忘れずに設定しておきましょう。

やり方

WordPressの管理画面から
設定 > Wordbooker を選択してWordbokkerの設定画面を開きます。
「Advanced Options」という項目があるのでクリックして設定項目を開いてください。

Advanced Settingをクリックして設定項目を開く

「Disable in-line production of OpenGraph Tags」のチェックボックスにチェックをいれて、OGPの出力をしないようにします。

これでWordbookerからのOGP出力がなくなるので、WP-OGPの出力に干渉することがなくなります。

最後に、正しく設定されたかどうかをDebugger – Facebook開発者で確認しましょう。

ちなみにFacebookeのDebuggerからウェブページを再クロールしてもらってキャッシュのリセットと OGP の書式チェックができるブックマークレットを、頭ん中さんがFacebook にウェブページを再クロールしてもらってキャッシュのリセットと OGP の書式チェックができるブックマークレットで紹介しています。

現在のページからワンクリックでDebagerの結果ページに飛べるので、わざわざURLの入力の手間が省けて重宝しますよ^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする